総量規制対象外の銀行系カードローンがおすすめの訳!

総量規制対象外の銀行系カードローンに関して詳しく解説している画像

総量規制とは以前はなかったものですが平成22年に完全施工された貸金業法の中のひとつで個人の借り入れ総額が年収の3分の1以下にまで制限されるという仕組みのこととなります。

 

この総量規制によりカードローンにおいてもその対象となっています。信販会社や消費者金融が発行しているカードローンを含むクレジットカードなどの融資部分は総量規制の対象となっています。

 

しかしながら、一部は総量規制の対象外となっているものもあります。

 

カードローンという範疇でみていきますと、銀行系が発行しているカードローンは総量規制の対象外で収入証明書不要でキャッシングができると言うこととなっています。つまり、信販会社や消費者金融などで総量規制の対象となる利用限度額一杯のお金を借り入れしていたとしても銀行系が発行しているカードローンであればまったく別枠で融資を受けることが可能で総量規制の対象外のカードローンということなんですね。。

 

また、個人事業主などが事業資金としてカードローンで借り入れを行う場合も個人の借り入れの部分とは別扱いとなるため総量規制対象外となり新たな借り入れは可能です。これらはビジネスローンなどとして通常のカードローンとは別扱いとなるのです。このような事を知っていると総量規制の対象外のカードローンを利用することが可能になります!

更新履歴